*

体調管理ができる人こそ社会人の鑑

公開日: : 転職準備

体調管理から学べるもの

 体調管理をすることで得られるものは、健康な身体だけではありません。心にも余裕が生まれます。しかし、それだけでもありません。

・健康と仕事が密接に関わっていること
・自分の理想の身体を手に入れることと、仕事で成果を出す作業が似ていること
・物事を客観的に見ることの重要性
・体調管理をしてこなかった過去の愚かさ

 こういったものを、体調管理をすることで学ぶことができるのです。逆に言えば、体調管理をしなければこれらのことは学ぶことが難しいため、多くの人は身体を壊す前に体調管理に意識を向けることをあまりしないのかもしれません。

 あなたはここでこうやって体調管理の重要性を認識できたわけですから、転職活動のみならず体調管理活動にも精を出し、同年代・同学歴の他の人よりも優れた仕事ができるような自分を、是非、積極的に目指していってください。

季節や温度・湿度ごとに体調管理を

 体調管理や健康という言葉を聞くと、食事・運動・睡眠の3つが思い浮かぶのではないでしょうか。これらは当然意識しなければなりません。ストレスを発散するなど、メンタルのケアも重要でしょう。

 しかし、あまり意識されないけれども体調の良し悪しに大きく関係しているものがあります。それは、季節や温度・湿度などといった天気・外気です。原因不明の体調不良、風邪などは、生活スタイルよりもこの季節・温度・湿度の変化によるところが大きいのです。

 体温の変化に気を配り、季節や天気によって体調や気分がどう変化するのかを見極めてみましょう。体調日記などを記すことで、早く見極めることができます。その結果に合わせて洋服を選んだり飲食を工夫したり、時には電化製品などを上手く取り入れれば、原因不明の体調不良や風邪などをひく頻度も減るのではないでしょうか。

 たったこれだけの知識・意識でも体調管理や、転職を含めた仕事には役に立つはず。社会人の鑑だと思われるよう、早速今日から健康への意識を高めるようにしてください。

【関連記事】
自己分析について
転職率を知ろう
就職準備のタイミング

PAGE TOP ↑