*

正規雇用社員と、各非正規雇用社員との違いをチェック

公開日: : 求人情報

正社員とパート・アルバイトとの違い

 正規雇用とは、正社員のこと。しかし、非正規雇用といえば“コレ”といった働き方はありません。それほど多種多様な雇用形態があるのです。その中のパートタイマーとアルバイト、まずはここに着目し、正規雇用との違いを考えてみたいと思います。

 正社員とパート・アルバイトの違いは、前者には雇用期間の定めがないのに対し、後者にはそれがあること。パートタイマーの場合には微妙なところもありますが、終身雇用とまでは言えません。

 正社員は月給制が主。パート・アルバイトは時給制や日給制が主です。労災保険・雇用保険・健康保険等は、正社員は加入義務がありますが、パート・アルバイトに関しては、労災保険は加入可能なものの、雇用保険・健康保険等は勤務時間等に影響を受けてしまいます。

正社員と派遣社員との違い

 派遣社員、これも非正規雇用の中ではポピュラーな雇用形態だと思いますが、今度は派遣社員と正社員の違いを見てみましょう。

 基本的には正社員とパート・アルバイトの違いと変わらないのですが、ボーナスと昇給の点で少し違いが出てくるようです。正社員にはもちろんボーナスや昇給があります。パート・アルバイトにもこれらがある場合があるのですが、派遣社員の場合にはこれらがまずありません。昇進もないので、キャリアアップするという点で見れば、正規雇用の正社員とはかなりの差があると言えるでしょう。

 パート・アルバイトと比較すると給料は恵まれているケースが多い派遣社員ですが、それだけである、とも言えるのかもしれません。

正社員と契約社員との違い

 最後に、正社員と契約社員との違いについて触れておきたいと思います。契約社員は、パート・アルバイトと近いのかもしれません。なので、正規雇用である正社員と比べれば、雇用期間の定めがあり、労災保険には加入可能だが、それ以外の保険等への加入は、勤務期間・時間に影響されてしまうのです。

 昇進に関しては望めないでしょう。ここは、正社員もそうですし、パート・アルバイトとも違う点となりそうです。

【関連記事】
求人情報媒体について
転職エージェントについて
転職サイトのスカウト機能とは

PAGE TOP ↑